プロミスの過払い金請求(状況と方法)

プロミスは完済済みプロミスは返済中プロミスから借り入れしたい
プロミスの過払い金請求をメールでお問い合わせ

プロミスの過払い金の返還請求をするメリット

3つのタイプごとのプロミスに過払い金請求をするメリット

プロミスは完済

  • 1. ブラックリストには載りません
  • 2. 返しすぎているお金が戻ってきます
  • 3. 利息付きで返してもらえることがあります
プロミスは完済
プロミスは完済

プロミスは返済中

  • 1. もう借金を返す必要すらなくなる
  • 2. さらに、借金がなくなるだけではなく、手元にお金が返ってくる
プロミスは返済中
プロミスは返済中

プロミスから借り入れ

  • すでにプロミスから借りていて、追加で借りようと思っている
  • 他業者で借りていて、新たにプロミスで借りようと思っている
  • 1. 取り戻した過払い金で借金を減額、完済することも可能です
  • 2. 新規の借入が不要になるかも
  • 3. 借りる前に・・・請求が来る前に請求を
プロミスから借り入れ
プロミスから借り入れ

プロミスを返済中で過払い金請求に不安がある方

プロミスが返済中でも大丈夫。お気軽にご相談ください

現在、プロミスを返済中という方でも、過払い金請求はできます。今、返済が苦しかったり、過払い金がある可能性がある場合はできるだけ早めにご相談ください。過払い金は借入先の金融業者の経営状況によって、今後の過払い金返還額が大幅に減少、取り戻せない可能性が高くなることあります。どんな不安でもまずはご相談ください。「返済中だから」といって、諦める必要はありません。

知らなきゃ損するプロミスの過払い金請求のデメリット

プロミスの過払い金請求をメールでお問い合わせ

弁護士法人サンク総合法律事務所の過払い金請求の実績

過払い金請求事例1 -7社から10年ほどの借入-

過払い金請求事例1

過払い金請求事例2 -借金を完済済み-

過払い金請求事例2

プロミスの過払い金返還率や過払い金返還期間

株式会社三井住友フィナンシャルグループのプロミス。
背後に銀行がついているため、資金的には問題ないよう。
任意の交渉では過払い金元本の返還が難しいため、訴訟提起がおすすめです。

プロミスの過払い金請求の手続き費用

過払い金請求 債務整理・任意整理
着手金 0 着手金 39,800
債権者件数1件につき
基本報酬
(1社あたり)
19,800
債権者件数1件につき
基本報酬
(1社あたり)
19,800
債権者件数1件につき
成功報酬 20.00%
※訴訟の場合は25%
減額報酬 債権者の主張する残債務を減額した分の10%

※その他事務手数料(実費相当等)が別途かかります。
※自己破産、個人再生の費用は別途ご相談ください。
※上記はすべて「税抜」の費用となります。

プロミスの会社概要

SMBCコンシューマーファイナンスは、三井住友フィナンシャルグループの消費者金融子会社。サービスブランドは旧社名である「プロミス」。

株式会社三井住友銀行の関連会社であったが、2011年10月から11月にかけて実施された三井住友銀行による株式公開買い付け及び12月26日の三井住友銀行の親会社である三井住友フィナンシャルグループに対する第三者割当増資により、両社の議決権保有比率は合計で97.77%となる。その後2012年4月1日に株式交換により三井住友フィナンシャルグループの完全子会社となった。

事業内容は、消費者金融業。

商号 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
URL http://www.promise.co.jp/
本社所在地 東京都千代田区大手町1-2-4
資本金 140,737百万円
貸金業者登録番号 関東財務局長(10)第00615号

過払い金請求のお問合わせ